経験ある?!コンビニのバイトあるある3つ

常連のお客さんを覚えている

コンビニには毎日来るお客さんもいますよね。店員は自然と常連さんの顔を覚えます。そして来店する時間帯と、いつも買う商品も覚えてしまいます。習慣が分かると役に立つこともありますよ。例えば、レシート不要というタイプの人には敢えて必要か聞かないようにしている、といったスムーズな接客ができます。また、お客さんによっては、「お疲れ様です」などの挨拶から始まり、世間話をするまでに仲良くなる事もしばしばあります。仲良くなると、接客も楽しくなりますよね。

レジに突然長蛇の列ができる

時間もバラバラに来たはずのお客さんが、図ったかのようにレジに行列を作ることがありますよね。突然の長蛇の列に、レジが慌ただしくなります。待っているお客さんがイライラしていると、余計に焦りますよね。この現象には集団心理が関係しているのでしょうか。同調心理という、他人と同じ行動を取ることで、安心感を得る要因が大きいのかもしれません。店内にお客さんが多いときは、レジが忙しくなるかもしれない、と心の準備をしておきましょう。

新商品に詳しくなる!

コンビニではお菓子やスイーツ、カップ麺など新商品が定期的に並びます。品出しや陳列やも仕事の一つなので、新商品を見る機会は多いですよね。そして店員同士で、「あの新商品が出てたよ!」という話もよくします。コンビニ限定の商品も多く、入れ替わりが激しいので流行りに敏感な人には嬉しい環境ですよね。そしていち早く新商品の情報を得られるので、気に入ったものを長く楽しめるのも特権です。仕事終わりに、気になる新商品を買って帰るのが楽しみの一つでもありますよね。

学生生活を潤わせるために、暇な時間を有効活用するのはとても良いことです。そのためにコンビニのバイトをしたいのならば、専門の求人サイトを利用してみると、すぐに理想の案件が見つかるでしょう。