在宅介護を楽にするためのポイントはここ!

介護保険を利用できるようになったら

高齢者の場合は一定以上の年齢になると、介護保険を利用することが出来るようになりますが、その年齢になったらケアマネージャーや国の相談サービスを活用していきましょう。特に、ケアマネージャーと一度話をしておくと、将来的に何かとお世話になることが多いので便利です。また、介護保険についての説明をしてくれたり、利用できる単位数の範囲内で、色々とケアプランをたててくれるのもケアマネージャーを利用するメリットです。

まずはヘルパーサービスから使ってみる

そして、在宅介護をするときにはヘルパーサービスが一番と言っていいほど気軽に利用することができるのでオススメです。介護が必要な高齢者がいる場合、目が離せないということも多いですが、そのヘルパーサービスを利用すればヘルパーの方が家族に代わって介護をしてくれます。また、一人暮らしをしている高齢者にも便利なサービスで、買い出しに行ってもらったり、買ってきたもらった食材で料理を作ってもらったりすることも出来ます。

家族の負担を軽減する福祉用具

また、もう一つ在宅介護を手助けしてくれるものとしては福祉用具があります。福祉用具は高齢者をサポートしてくれたり、その介助をする動作をサポートしてくれる便利なアイテムとなっています。例えばベッドから高齢者を車いすに移動させるときには、スライディングボードを利用すれば、腰を痛めることなく安全に高齢者を移動させることが出来ます。その他にも、便利な福祉用具は沢山あります。在宅介護が必要となったら活用して、介護負担を減らして行きましょう。

これからの時代は、介護の仕事は需要が非常に高くなります。介護に就職して、やりがいを見つけたいものです。